ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

腹立ち日記 「為政者、教育者の育たない国家」

腹立ち日記 「為政者、教育者の育たない国家」

東京医科大学のトップが、もし「加計」さんだったら、この問題がどのように進行したか?識者ならだれでも想像できますよね。

今の日本国家の力量はこの程度なんだね。官僚は「為政者」の一員、文科省のトップがこの程度の人であったこと自体が大問題だと思う。

この1年、森友加計問題でどのように嘘をつくべきかを、十分に教えてもらいました。これから人生を生きてゆく人たちに、

いかに大きな悪影響を及ぼす問題であったかを国家は反省してほしい。日本における教育はただの「ビジネス」。人間教育?

ちゃんちゃらおかしいや!日本に偉大なる為政者が、歴史上いただろうか?もっとも世界を見渡してもそんなにいるわけではなく、

小さな島国にいるわけないわなあ。

しかし、「和を以て貴しと為す」をモットーにしている我が国は、2度の輝かしい歴史がある。日露戦争に勝利し、東の国の

輝ける星となり、世界に「エロー」ありきと知らしめた事。第二次世界大戦でコテンパーの国がまた這い上がった事実。

この時こそ、少なくともアジアの国々の尊敬されるリーダーの地位を確立すべきであったと思う。にもかかわらず、

土下座外交をし、金をばら撒き、それ以外何をしたというんだ?落ち目の三度笠「アメリカ」、あれだけ戦後あらゆる国々に

手をかけ、ミスを犯しながらも、まだ世界に発言力を持ち続ける努力は常に前向き。(ほめているつもりはありませんよ)

日本人は「分かり合える度量は十分に持ち合わせている」人種ではあっても、自分たちの意志、理念を伝え、得心させる

「話法」を持ち合わせていない国民だと思う。戦後70年かかって「英語学習」が進歩しない国家なんてありか?

文科省の、ダダ飯食いの連中など、今回の事件にかかわらず「総ざんげしてほしい」

若者に希望を抱かせる国作りを心がけることだけが最優先課題だと信じる。予算がない?耐えるのみ!

為政者、教育者諸君!もっと歴史を学べ!哲学を学べ!

« »