ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

ART pro MPA &クラシックギターの練習

ART pro MPA &クラシックギターの練習

まだ、上記マイクプリアンプを上手く使えているのかどうか解りません

11月末クラシックギターの練習について記載した内容が分かりにくいと思うので、

録音を交えて、もう一度説明します。下手くそですが、殆ど一発録音でごめんなさい。

使用ギター 、以下の音はなにのエフェクトも使用していません。

クロマチック練習について  1弦と2弦だけ。アポヤンド、アルアレイ強弱

左手、1弦4フレット小指、3F薬指、2F中指 1F人差し指 開放弦、右指は人差し指と

中指のみ。ゆっくりやりはじめ2本の右指を動かすこと。左指とのタイミングを

合わせること。

 

音階練習 Cメジャーから、ド、シ、ラ。「ラ」からはじまるのが、Aマイナー、

音階と言えども、自分なりに歌心もって弾くこと。

 

ポジションの移動による、音階練習。5弦3F(中指)の「ド」の音から、(開放弦無しで。)

「レ」5弦5F 「ミ」4弦2F 「ファ」4弦3F 「ソ」4弦5F 「ラ」3弦2F

「シ」3弦4F 「ド」3弦5FF(人差し指) 「レ」3弦7F(薬指)「ミ」2弦5F(人差し指)

「ファ」2弦6F(中指)「ソ」2弦8F(小指)「ラ」1弦5F(人差し指)

「シ」1弦8F(小指)ここから逆にさがっていく。中間の「ド」までは同じ指、「シ」は

3弦4F(薬指)

次は、5弦4Fに中指を「ド」にして同じ指使い。ハイポジションで弾ける所まで。

今度はハイポジションから半音ずつ「ド」をさげて、この繰り返しを指がもつれないよう、

強弱、メロディックに早く遅く。音階練習が音楽の基礎

 

親指の訓練  親指だけで自分なりのメロディで結構、アポヤンド&アルアレイ、

爪の音を入れたり、右手が踊らないよう、指だけを動かすイメージで。

低域、ハイポジションで

 

アルペジオは省略するけど、この練習も右指のスムースな動きを向上させる。

いずれにしても、基礎訓練が上達の秘訣。

私は長らく「ギター作り」に夢中になって弾くことをおろそかにしたため、

いま年令と闘いながら練習してます。

自慢ですが、写真のマイギターよくなるでしょう、、

« »