ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

未分類

もう、ガマンデキナイ!!! 「この日本の政治」いや、世界の政治も

いずれも「人を殺した曲」ちょっと音楽愛好者なら知っているよネ。何も私が殺人実行者になろうというのでもないし

他人に勧める意識も絶対にないし、ご理解の上読んで欲しい。こんな過激な発言をする、その発想の根源は、

アルベール・カミュの名作「異邦人」を50年以上前に読んだことに起因しているように思う。(内容ははぶきます)

 

第二次世界大戦で世界の大国であった日本を、最貧国にしたのは、政治の貧困、軍国主義の横暴、官僚の頽廃と断定する。

戦勝国アメリカの病気を抱えたルーズベルト、うつ病ぎみで酒飲みのチャーチル、悪名高きスターリン、こんな3人が

「ヤルタ会談」などという傲慢な協定のもと、世界を切り取り自分たちが優秀な国家だと認定したと思う。

 

膨大な軍事力、経済力、有色人種の日本に「原子爆弾を、テストのため2発落とした」アメリカが自由を、民主主義を

ひけらかす国家だろうか。今、この現代も人種差別の香りの残る国が世界ナンバーワンだろうか?大統領を暗殺し、

その弟も暗殺する国の「いうがままに成長した日本」は正しかっただろうか。

 

イギリス、かっては日英同盟のおかげで、日露戦争に勝てたのは、この外交関係によるところが大きい。

この国は、「ジェントルマンの国」 とんでもない!狡猾で世界一「諜報活動」を発展させていうところの「大英帝国」

といわれる国家にした。

 

ロシア、ヒグマの国だ。弱いものがいればかみ殺す、鉄砲の音を聞けば逃げる、日露戦争の

経過を紐解けばよくわかる。要するに、寒い国だから南下したかったんだ。

 

現在のこれら3国の現状? アメリカ、世界一の借金大国。わけのわからない大統領が存在する国家。

イギリス、EU問題で国民から、世界の国々から「悪い意味で」注目されている国家になりさがった。

ロシア、クリミヤ侵攻のおかげで、世界から締め付けられたままではあるが、プーチンのおかげで持ちこたえている国家。

 

私は、プーチンを支持する。地政学的にみても、ウクライナがロシヤと仲良くしているのが自然であり、歴史の中で

西側になったり、東側になったり、繰り返しているではないか。クリミヤはまさしく東にあり、すきを見て、ぶんどったわけ。

 

だけど、アメリカ合衆国が先頭になって、世界中でCIAをうごかし、同盟国を引き込み、自分たちの国家が世界の警察といいながら

戦争をしたり、自分たちが育てた、オサマ・ビンラディンを、パキスタン国家に突然違法に侵入し暗殺したことを、

単純に正義といえるだろうか。自分の記憶では、大きな非難の声はどの国からも上がらなかったと思う。

 

これら3か国に対して、大きな問題が発生している。誰でも想像できるよね。「中国」日本は勿論、世界の国々はこの国に対する意識が

あまりにも稀薄すぎたとおもう。中国4000年などという。しかしその歴史の変遷を見れば、侵略と滅亡を繰り返した国家といって

過言ではないと思う。多くの人種(種族)が広い大地の中で混在する国だから、致し方なかったという思いもありますが,

その時代の勝者となった国、その過程はドロドロの陰謀というか欺瞞というか、、、

 

中華人民共和国成立後をみてもよくわかるでしょう?「毛沢東」が神か?

今後、アメリカ、ロシヤ、中国の覇権争いは十分に警戒を要する。EUは崩壊の可能性50%だと思います。

 

さて日本。稲田防衛大臣、財務省、森、加計問題、文科省、厚労省、その他全ての省庁をつつけば、多くの重要なミスがあるはず。

皆さん今は厚労省問題が、国会の課題になっていることは承知のはず。何年前?消えた年金問題、どうなったの?もう忘れましたか?

 

この国がいかに腐れ切っているかについて国民はもっと追求し全てを明快に解決すべきだと思う。

小選挙区制以前のから改善されない選挙法。今の時代に合っているのだろうか。

自民党政権を「忖度」した霞が関の「悪役」の意志のままの気もする。

マイナンバーの普及率は10数パーセント。多分これもかなりの予算を使ったはず。そのまえは、住基カード。

 

何が起ころうと自浄作用の働かない政治家、官僚達。全国民が損害賠償請求をおこしたら、、、

小学生の、学級委員会の方がまだましだよ!そういえば日本国旗を掲げない学校、君が代を歌わない学校、こんなことも解決できない

国家が世界にあるのだろうか。こんな些細な(いや、些細ではない)ことを考えていると、やけになって冒頭の曲を演奏したくなるんだ。

 

音楽が私の心を癒してくれる日々。この世に音楽がなかったら、自分は自殺したかもしれない。うん、焼身自殺だ。

3月15日で79才。ロクオンライフの設備も、借金してでも余命をたのしもうかな、、、、、

 

 

「ロクオンライフ」の終焉について

2018年もまもなく終了。今年を象徴する言葉は「災」来年が「大災」になるのか、「和」の方向に向かうのか?

日本、近隣諸国、世界の問題を考えるとき、心が揺れないではない。でも、絶えず無為でいるしかない。

この1年間、5000人弱の人々がこのサイトを覗いていただきありがとうございました。

実は、最後に製作したギターで、きちんと仕上げ、バッハの曲をアップするつもりでしたが、長らくギター演奏をおろそかにした罰でしょうか

まもなく、79才の自分には過ぎた望みでした。と言ってもギターを弾くことは続けます。

お詫びといっては失礼ですが、2006年頃録音したものを2曲

(リバーブがやや多いかな、、途中に変拍子もあり、結構難しい曲でした)

ギター制作は、また再開するかも分かりませんが、今はアイデアが浮かびません。

「音楽を趣味とする皆さん」、たとえ趣味であってもいい、のめり込んでください。

また、逆もあります。「音」「音楽」は風のただようなかで吸ったタバコの煙みたいなもの。

下手くそでも自分が楽しめればそれも良し。

このサイトはまだ残しておきます。今も依頼されていることがありますが、アップするかどうかは分かりません。

多くの方々に送った修理品、新作の送り状の一部、自宅から1時間位の方に10本ほどの新作、修理、ある人に依頼してオークションで

売ったもの、ご迷惑をおかけしたものもあるでしょう。どうかお許しください。しかし、誇大広告をしたわけでもありません。

ありえない状態で返品も2本ありました。つくづく思います。楽器は、実物を見て、「さわって」買うもの。

ブログ更新は取り敢えず休みます。

トップページの「シジフォスを偲んで」は中学生~40才位までの、苦しんでいる方があまりに多いこの日本の現状を鑑みて(カンガミテ)

たまらず、作った曲です。アップテンポな曲、言葉が多すぎる曲、これに反抗する意味もありました。

また、スローバラードが歌える歌手がいないことにも抵抗感を感じています。時代感覚が古いと言われようが、クラシック、ジャズ、

ラテンミュージック、その他どんなジャンルの唄であろうと、一流の人は必ず、スローな曲を楽器であれ「声」であれ

「歌い上げる」感性を絶対に持ち合わせています。音楽を愛する皆さん、どうか「ボカロミュージック」、ハモラない

グループミュージックを卒業し、「本当の音楽を聴く耳」を育ててください。

こんなバラード曲はいかがですか、、、

よいお年をお迎えください。ありがとうございました。

 

ART pro MPA &クラシックギターの練習

まだ、上記マイクプリアンプを上手く使えているのかどうか解りません

11月末クラシックギターの練習について記載した内容が分かりにくいと思うので、

録音を交えて、もう一度説明します。下手くそですが、殆ど一発録音でごめんなさい。

使用ギター 、以下の音はなにのエフェクトも使用していません。

クロマチック練習について  1弦と2弦だけ。アポヤンド、アルアレイ強弱

左手、1弦4フレット小指、3F薬指、2F中指 1F人差し指 開放弦、右指は人差し指と

中指のみ。ゆっくりやりはじめ2本の右指を動かすこと。左指とのタイミングを

合わせること。

 

音階練習 Cメジャーから、ド、シ、ラ。「ラ」からはじまるのが、Aマイナー、

音階と言えども、自分なりに歌心もって弾くこと。

 

ポジションの移動による、音階練習。5弦3F(中指)の「ド」の音から、(開放弦無しで。)

「レ」5弦5F 「ミ」4弦2F 「ファ」4弦3F 「ソ」4弦5F 「ラ」3弦2F

「シ」3弦4F 「ド」3弦5FF(人差し指) 「レ」3弦7F(薬指)「ミ」2弦5F(人差し指)

「ファ」2弦6F(中指)「ソ」2弦8F(小指)「ラ」1弦5F(人差し指)

「シ」1弦8F(小指)ここから逆にさがっていく。中間の「ド」までは同じ指、「シ」は

3弦4F(薬指)

次は、5弦4Fに中指を「ド」にして同じ指使い。ハイポジションで弾ける所まで。

今度はハイポジションから半音ずつ「ド」をさげて、この繰り返しを指がもつれないよう、

強弱、メロディックに早く遅く。音階練習が音楽の基礎

 

親指の訓練  親指だけで自分なりのメロディで結構、アポヤンド&アルアレイ、

爪の音を入れたり、右手が踊らないよう、指だけを動かすイメージで。

低域、ハイポジションで

 

アルペジオは省略するけど、この練習も右指のスムースな動きを向上させる。

いずれにしても、基礎訓練が上達の秘訣。

私は長らく「ギター作り」に夢中になって弾くことをおろそかにしたため、

いま年令と闘いながら練習してます。

自慢ですが、写真のマイギターよくなるでしょう、、

ビバルディ「四季」 冬

名曲を自分ごときがシンセで演奏している気分で作るなんて、実に楽しい。

多分2日前よりは向上してると思うのだけど、、、

修正箇所、①Violin soloのデータをもう一度確認し、リリース(音の長さ)強弱を

修正し、Soloに適した音色を少しだけ修正し、バックのオケに埋もれないよう、

出すぎないよう、ミキシングしました。

②1stストリングス編成は3人を想定し、少しだけ変化を。2ndストリングス編成も3名

ビオラも3名。チェロは二名、但し、ソロバイオリンとチェロの二重奏の所は、

音色を変えました。

③左右の配置は基本的な、クラシックの配置

④エフェクトは少し変化をつけたけど、最終的には、この様なバロック様式の曲は

石作りの聖堂で演奏されることを想定し、自分ではいつもより深めにリバーブを。

もうすこし、強弱に差をつければよかったネ

ちなみに、10年以上前のものはこれ

本当は、春、夏、秋 冬 全てを作りたいけど、左の眼が十分でないいまの体調では、

無理、、、しかし、「夏」の好きな部分だけでも作ろうか、、、多分これも、、、

 

 

 

 

ビバルディ 四季 冬

昔々、定価400円で購入した、ビバルディの「四季」オーケストラのスコアブック。

さすがに、春から冬までデータを打ち込む根性がなく何十年か前に「冬」だけ作りました。

今一度作り変えるというか、リニュウーアルしてみよう。この曲は小編成のオーケストラ

で演奏されることが多いけど、この編成はソロバイオリン、1stバイオリン2名、ビオラ2名、

チェロ1名、チェンバロ、こんな感じ。

とりあえず、既存のもの(ストリングス編成)

普通ストリングスで演奏されるけど、全てを管楽器に置き換えると

データを少し修正すればトランペットのソロで感じも変わります。

シンセでは確かバイオリンも、トランペットも「のこぎり波形」をもとに音を作るから(たしかそうだった、、)

聞きようによっては同じにきこえるね。現在は、サンプリングで作るけど、どうかわるか、、

60小節あまりですが、データを作るだけで多分1か月はかかったのでは、、、

どのシンセサイザーをつかったのかも記憶していません。

今回はHALion 6を中心に少しずつ修正していきます。

自分が気になっているのは、ソロバイオリンの「歯切れ」

次回はここから。

ギター録音&ギター練習について

以前はマイクプリアンプはユニバーサルオーディオの高級機種を使用していたが、インプット、

アウトプットのノブに「ガリ」が出始めたため処分し、色々考えたすえ、上の写真ART PRO MPA Ⅱを

購入しました。説明書は英語、前回のブログの録音も試行錯誤しながら行いしました。

もう少し、試さなければまだまだ長所を引き出すことが出来ないなと感じています。

マイクは、オーディオテクニカのAT4040を使用しています。

さて、私のギターの練習の基礎について、我流ですが述べてみます。

1まずは、右手の訓練。綺麗な音をだすこと。早く弾いてもゆっくり弾いても。

アルアレイ奏法、アポヤンド奏法どちらでも使い分ける右手の訓練がまず必須条件。

2 ①の条件を満たすため、1弦から少なくとも3弦までクロマチック演奏を12フレットまで往復。

または、小指を4フレット、3フレットは薬指2F中指1F人差し指で、1弦から6弦まで

クロマチックで左指と右指の動きをリンクさせる。

3 低ポジション、ハイポジションでアルペジオ。コードは何でもOK、滑らかに、最速、ゆっくり

4 音階練習 C調→マイナー、G調(#)→マイナー、D調(##)→マイナー

A調(###)→マイナー、E調(####)→マイナー、F調(♭)→マイナー

強弱をつけ、歌うように。そして、音階練習でも開放弦を使わないで、C調からC#,Dと

半音ずつ14Fまで、アルアレイ、アポヤンドで早くまた滑らかに。

薬指、小指は指の先端に意識をもたせて指の訓練を。

全ての楽器は音階練習が基礎であること認識すること。早く弾けるようになっても

右手が、踊るような(跳ね上がる)弾き方はダメ。

自分が出した音を自分の耳で意識して聞くように。

昔々、私は、メロディ楽器(トランペット)だったので、この様な練習をして、

ギターの練習をしています。練習時間が少ないのなら、テレビなど見ながらでは

成長なし! クラシックギターは右手の訓練が最重要。

残念ながら、60才前(20年位前)脛骨からくる左手の痺れでギターを弾くことを

半ば諦め、ギター作りに夢中になりすぎて、かなり苦しんでいるのが現状。

ややオーバーですが、、

クラシックギターの練習

この2か月、ギターの練習をしたけど、ほとんど成長なし。

ギターの練習など人に教わるものではないというのが、長年の持論だが、

もはや、80才を前に練習したところで、要するに「指」が動かない。

1例を、恥を忍んでアップロードします。

この曲はバッハ「Fuga] 何番?やらですけど、30才過ぎに弾けるようになり、

しばらく弾くこともなく、また50歳代に弾き始め録音したもの。

設備も十分ではなかったと思うけど、かんか、無理やり弾いていたような感じ。

下手くそだけど、このとうり。

何回か前のブログで手持ちのギターでの演奏と書いたので、アップロードします。

以下、EQはかけていません。リバーブ、ディレイを薄くだけかけています。

曲の前の部分と、最終部分。まず、プロトタイプギターの音。

カーリーメイプルギターの音

音はやはり、カーリーメイプルの方が美しい。プロトタイプギターも1年前とはずいぶん改善されたと思うが

自画自賛か、、、

練習のかいもなかった!だいたい、こんな曲を弾くこと自体がむり、、、

あと何曲か難しい曲があるけど、ボケ防止だけ、、、、アア、カナシキミュージシャン

しかし、練習しなかったら、更にひけなくなるし、、、

私はギタリストではないけど、、、、

 

ギタースタンド

 

ギタースタンドを自作。釘は1っ本もなし。勿論シェラク塗装。もう少しぬらないと、、、

一人でギター録音をする時、実に厄介!何回もギターを倒したり、そしてキズつけたり。

それで、思い立ったわけ。

工作が趣味のせいで、色々作っています。仕上げはシェラク塗装のもの、

このとうり。10年も20年も前の制作。

テレビ台

引き出し

本だなというより、物入。1か月はかかったとおもう。20年位前かな、、

シェラックを知ったのはこの時。高級木材でなくても、なんとなく味わいを感じる。

セミカッタウェイ修正完了

低音の音が「硬め」だったので、タッピングで確認しながら、サウンドホールの低音側を少し薄く、

全体的にもほぼ、ペーパーがけをしシェラク塗装。スペイン人の「クーロ」さんに教えてもらったことを、試みたが

多少は役になったけど、まだまだ未熟。でも適当にやっていた従来よりもやや進歩あり。

古い桜の木、以前は赤みがかった色だったけど、茶色系のシェラックを塗りました。無色のシェラックを塗ったうえで

茶色を何回も塗ったけど、「木」のシミ、茶色が入りやすいところ、これらを均一にするには、もう面倒くさくなり

ここまで。

カッタウェイにした箇所、表板境目、写真ではみえないけど、茶色1mm、黒0.5mm、僅かにラウンドしているけど、

本当はもっとアールをつけたかった。(表板にキズをつけそう、、)

エンド部分に飾り取り付け。材料はハワイアンコア。これは失敗。木の目は横だけど、縦の柄が

右に傾いているため、歪んで見える。危険な作業だったので、注意を怠った。

今すべての弦をハナバッハを使用しているけど、近く安定したら試奏予定。

演歌 「しまなみ慕情」制作完了

今年の初めから「しまなみ慕情」の制作を依頼され、7月ごろ出来上がっていたけど、

歌い手がみつからず、10月やっと唄の録音を終了し、30枚CDを焼いて終わった後、

もう少し変更して欲しいと依頼があり、考えあぐねてやっと依頼主(作詞作曲者)も得心し

また、CDを焼いて終了しました。

「しまなみ慕情」作詞作曲 小島 寛 唄 武内 明穂  Mix&Arrange ロクオンライフ 杉原